バッジをオリジナルでつくる方法

部活動やサークル、イベントなどの頒布物などいろんなシーンで使えるオリジナルアイテムとして人気があるのがバッジです。一個からでも政策をしてくれる業者もあるので、どんな仕上がりなのか確認してから作りたいという時でも気軽に作成できます。作り方も定番の缶タイプなら難しくありません。大きさがいろいろあるので、好みの大きさをまず選びましょう。表の印刷部分はデータを用意して業者に送付します。裏はクリップや安全ピン、マグネットやミラータイプなどこれもいろんな種類があるので、作ってみたいものを気軽に試せるのが魅力的です。納期自体もそれほど時間がかからずに作業してもらえるので、作りたいと思ったときにすぐにさっと発注して発送までしてもらえるので安心です。

大きさなど全体のデザインを決めましょう

バッジの製作をする時に必要なのは、やはりどんなサイズでどれぐらいの数量が必要なのかという事です。1つから作成してくれる業者もありますが、そうでない場合もあるのできちんと問い合わせをしておきましょう。その後、大きさも円形や角丸の正方形タイプなどを選んでいきます。大きさによって必要なデータのサイズも変わってくるので、どれぐらいのものを作りたいのかも良く確認しておいて下さい。どの業者でもデータの作成の補助のためにテンプレートを用意してくれているので、そちらを利用しましょう。利用が出来ない時には、どのように製作を進めていけばいいのかの注意もありますので、しっかりと読むことが大切です。綺麗な仕上がりのためには、データもきちんとしたものを作ることがポイントです。

オリジナルで作る楽しさは格別です

バッジは手軽に作れますので、いろんなシーンでのオリジナルグッズとして活躍してくれます。データを上手に作りさえすれば、後は業者に納品までお任せすれば良いだけだからです。安価で小ロットでの製作が出来るのも嬉しい限りですが、それだけではなくて無料で製品サンプルを送ってくれる業者もあります。どんな仕上がりになるのかイメージが湧きにくいという時には、利用前にぜひ取り寄せておくと良いでしょう。大体の印刷イメージが分かれば、データを作る時にどんな色や構図にすればいいのかも分かりやすくなります。納期も早ければ2、3日程度というところもあれば、随時繁忙状態などを提示してどれぐらい日数がかかるのかも分かるようにしてくれているので、作りたいと思ったときに合わせて製作を進めていけます。